ご利用案内

  1. TOP
  2. ご利用案内

デイパークは、従来の時間貸し・月極の駐車場とは違い、一日貸しの駐車場となっております。
前払式となり、精算機の利用方法なども違いますので、以下をご確認下さい。
※精算機の種類により、若干仕様の違いがございます。

よくある質問
手順1

車両ナンバー4桁を入力

※「・」がある場合は「0」を入力。

精算機画面説明1
手順2

駐車料金番号を入力。
駐車する日数に該当する番号を押して下さい。

※駐車場によって購入できる日数が違う場合がございます。

精算機画面説明2
手順3

料金の下に表示されている駐車時間と車両番号を確認のうえ、
表示された料金をお支払い下さい。

精算機画面説明3
手順4

駐車証明書が発行されます。お釣りがある方もこちらからお取り下さい。

精算機画面説明4
手順5

駐車証明書を外から見えるところに表向きに置いて下さい。

精算機画面説明5
<警告>
①駐車料金のお支払いのないまま出庫された場合、未精算の駐車料金に加え管理者が定める調査料をお支払い頂きますのでご注意下さい。
②駐車証明書を購入する際に、空きスペースの確認をしなかったり、駐車日数を間違えたりした場合、返金はできませんのでご注意下さい。

当駐車場では、以下の行為を不正行為、不正駐車とみなします。

  • 1駐車証明書の有効期限を超えた駐車
  • 2駐車料金未精算の駐車
  • 3駐車証明書の提示をしていない駐車
  • 4駐車車室以外の場所への駐車
  • 5その他管理者の営業を妨害する行為

不正駐車車両防止の為、管理者にて定期的に車両の撮影を行います。

※管理者は不正駐車を発見した場合、車両のフロントガラス、リアガラス等に警告書を貼り、該当する駐車料金をお支払頂きます。万が一、駐車料金のお支払のないまま出庫されますと、未精算の駐車料金に加え、管理者に定める調査料をお支払頂きます。

購入された駐車証明書は、車のダッシュボード/フロントガラス等に外から確認できるように表向きに置いて下さい。

駐車証明書を購入される際に、間違った車両ナンバーで購入されても、管理者は返金はしませんし、責任を負いません。

駐車の際はロープ/ライン等の駐車車室内に収まるように車室の中央に駐車して下さい。

駐車車室(ロープ/ライン等)以外の場所への駐車は絶対にしないで下さい。
発見次第車両の移動を行ない、それに伴う実費をお支払頂きます。

駐車証明書有効期限内の入出庫は可能ですが、一度出庫され再入庫の際に満車の場合は駐車できません。その場合、駐車料金の返金はできませんのでご注意下さい。

駐車証明書の有効期限を超えて駐車することはできません。有効期限を超えて駐車される場合、再度駐車証明書を購入して下さい。

駐車証明書の有効期限を超えた駐車や未精算駐車といった不正駐車について、再三の警告にもかかわらず、不正駐車を続ける場合、管理者は車輪止め装置を使い、車両ロックします。車輪止め解除の際には、正規駐車料金に加え、出張・解除費用として別途2万円を申し受けます。

  • 当駐車場に駐車できる車両は以下の通りとします。(長さ5m以下、幅1.9m以下の車両)
  • 無断/違法駐車車両防止の為。管理者にて定期的に車両の撮影を行います。
  • 車内の盗難・減失・破損等の障害が発生しても、管理者は一切責任を負いません。
  • 利用者同士の事故やトラブルや破損等は発生しても、管理者は一切責任を負いませんので、双方で解決して下さい。
  • 当駐車場の構築物に当たらないように充分にご自身で確認・注意をして駐車下さい。
    (看板・テント・ポール・フェンス・車止め等全てのもの)
  • タイヤ止めやライン/ロープは標準的なものであって、車両によっては、適切でない場合もありますので、ご自身で確認を必ず行って下さい。
  • 当駐車場内の機器や構築物に接触・衝突によって破損や損傷をされた場合は運転車の責任とし、修繕費と損害金を頂きます。
  • 当駐車場内の走行は最徐行とし、安全運転を心がけて下さい。
  • 管理者の業務または他の利用者の妨げや騒音などの近隣に迷惑になるような行為はしないで下さい。
  • 駐車後はエンジンを停止し、アイドリング駐車やアクセルの空ぶかしは絶対しないで下さい。
  • 当駐車場への危険物・不潔悪臭物・ゴミ等の持込みや放棄を禁止します。
  • 当駐車場内での営業行為・演説・募金・著名活動・宣伝等の行為を禁止します。
  • 前号に掲げるものの他は全て管理者の指示に従って下さい。
  • 当管理規定及び注意事項を順守頂ける方のみ、当駐車場をご利用下さい。
  • よくある質問
  • 導入方法
  • 事例紹介
PAGETOP